スケジュールソフトでストレスチェックも円滑導入~テキパキ業改~

パソコン

ついに義務化

印鑑

ついに義務化が決まったストレスチェックは社員の人数ではなくてその事業所に所属してる人数により施行する義務があるかどうかが決定されます。現状50人以上所属する事業所ではチェックが義務となっています。

もっと見る

実施方法

パソコン

ストレスチェックは年に1回行うことが決定しましたが、実際にはどのような流れで行われていくもので、どのような準備が必要になるのでしょうか。チェックフローについて簡単にですが紹介します。

もっと見る

特許の申請

握手

多くの企業などにとっては自社では発明した製品などは大切にしたいものです。そのためには特許申請を行なっていかなければなりません。自社だけの権利として製品で収益を上げるためには必要なことです。

もっと見る

若者ほどストレスを抱えている

PCと新聞を読むビジネスマン

近頃の若者はという口癖の上司もいますが、その言葉を毎日言われることをストレスに感じる若者もいるようで、会社での人との接し方は年々難しくなっていく傾向にあります。そんなタイミングで導入されたストレスチェックはどのような影響を及ぼすのでしょうか。

もっと見る

システムの活用

システム

書類の電子化

スケジュール管理ソフトでもあるワークフローとは電子決裁システムとも呼ばれるものですが、これまで紙ベースで行われていた決裁業務を、パソコンなどを使用して電子化したものとなります。書類を電子化によって保管することが可能となってから、日本でも一気に普及したものとなります。当初はパッケージソフトとして流通していましたが、今ではクラウドを利用してネット上で行われることが主となっています。そのワークフローを導入する際に注意したいことが、同時に業務内容を見直して効率化を図ることとなります。仕事の流れをそのままに電子化してしまうと、非効率な部分もそのままにシステムに組み込むことになります。そこで、部門間でのやり取りを見直すことによって、業務内容をスリムにすることが必要となります。

ここがポイント

ワークフローシステムは今ではネットを介して行うことができるので、場所を選ばずにアクセスが可能となります。つまり、決裁者が不在のために業務が止まるということも無くなるわけです。そこで新たにワークフローシステムを導入する際には、端末を選ぶことなくアクセスできるようにしておくことがお勧めとなります。また、業務フローを変更した際には、システムの修正も簡単に行えるように設計することも必要です。オーダーメイドでシステムを構築するにあたっては、そのフローの変更に伴って基幹部分から作り直す必要のあるものも多いものです。当然費用もそれなりに必要となるので、前持ってそれを考慮した上で設計してもらうことが必要となるわけです。

具体例で言うと

例えば、2015年の12月にストレスチェック義務化が決定しました。これは所属する人数が50人を超える事業所が対象となり、これまでにやっていたかやっていなかったかに関係なく、対象となる事業所は必ず導入しなければなりません。これまでになかった取り組みを開始する際にはもちろん準備が必要であったり仕組みづくりが必要であったりするため、「義務化が決まったから今からやるぞ」といったように見切り発車で行うわけにはいきません。
そういったときにスケジュールソフトはどのように役立つのでしょうか?
1.社員の予定を確認これまでホワイトボードや勤務管理表、または口頭などで外出予定があるか、どこへ行くのか、いつ帰ってくるのか等を記入していたとして、書き忘れいたり、他の人が情報を把握してないことでデメリットがでていた、そういう悩みを抱えていた。という会社も多いようですが、スケジュールソフトを導入すると、オンライン上で各個人の予定を確認することが可能となります。Aさんは終日外出で、Bさんは12時から出張などスケジュールを確認することが可能です。いつどこにいてもそのシステムに接続をすることができる環境であれば予定を確認することができます。ストレスチェックを行うにあたってどの日に実施をすると1番参加できる人が多いのか等も知ることができるため、複数回にわけて施行する場合でも候補日が非常に絞りやすいと言えます。

2.施設の予約会社の中で会議室がある場合予約制となりますが、来客が決まった場合にすぐに予定を確認して開いている会議室を抑えることが可能となります。ダブルブッキングなどトラブルを事前に防ぐことができる上に誰がどのような要件で使う予定なのかも確認することができます。特にストレスチェックを行うときは、事前にどういった趣旨なのかといったことやルールなど説明するために会議室を利用することが多いため、どの日程のどの時間にどの場所が抑えることができるのか明確に知ることができる上に、参加する人を招待することによって一斉に通達することも可能であるため複数の段階を踏む手間を省くことも可能です。

オフィスワークの問題点

ビジネスマン

オフィスワークの人がなりやすい病気に、痔や腰痛(椎間板ヘルニア)、冷え性や足のむくみ、さらにはドライアイや眼精疲労などをあげることが出来ますが、今話題のストレスも実はなりやすい病気のひとつであると考えられています。

もっと見る

早期発見を

コーヒーを持ちながら話しをする2人の男性

うつ病など心の病にかかる人は年々増加傾向にありますが、治療に関しては早ければ早いほどなおりやすいと考えられており、心の病の早期発見にストレスチェックの導入が効果を表すのではないかと期待されています。

もっと見る

ストレス軽減

カラフルな服を着た男女

ストレスチェック導入に伴って各企業でストレス軽減への動きが考えられています。ストレスはある程度は健康に良いとされていますが、過多になると心や体の病気へとつながるため、なるべく発散したほうが良いと考えられています。

もっと見る

効率UP

女性

ストレスに対する耐久性には個人差があると言われていますが、いずれにしても高ストレス状態で居続けることは精神衛生上よくないと考えられており、その状態が続くことは生産性低下にもつながると考えられています。ストレスチェック制度導入は効率UP効果も期待されています。

もっと見る

人事評価について

スーツの男性

ストレスチェックが義務化されたことによって、メンタル面がケアされることに喜びを感じている人もいれば、反対にストレスチェックを受けることに対する不安を感じている人もいるでしょう。特に心の病気を抱えている人は不安に感じるようです。

もっと見る

マネジメントを行うこと

男女

企業の成長においてタレントマネジメントを効率よく行うことは非常に重要です。人材育成のあり方や成長速度によりその企業の成長スピードが大幅に変わってくるためです。よって、マネジメントを専門に行う企業も注目を集めています。

もっと見る